ガン予防の食品

 まだまだ暑い日がつづいてますね。

みかさ整体院 カイロプラクター&鍼灸師の市原です

 

今、日本の人口は1億2千万人とも1億3千万人ともいわれていますが、以外と一般の方々がご存じないのが年間の死亡者数です。

 

ざっくりいうと年間100万人の方々がお亡くなりになります。

 

また、その内の60万人が3大成人病であるガン、心臓疾患、脳疾患でお亡くなりになりガンでは半分の30万人を占めます。

 

ガンは細胞が代謝といって分裂したり、生まれ変わったりする時に、遺伝子(DNA)のコピーミスによって、ガン細胞遺伝子のスイッチがONになり、発症します。

よく、発ガン性物質なんて聞きませんか?

あれは、細胞が代謝の際にコピーミスを起こしやすくなる物質だという意味です。

正直、ガン遺伝子は皆さん自分の細胞の中に持ってます。

 

それが、発症して成長するか、否かということで、ガン細胞は1日当たりにして数百から数千個の単位で出来ています。

それが、発症・成長しないように免疫という体内の防衛軍が日夜パトロールしたり、駆除したりしてくれています。

 

 

近年、免疫力とい言葉をTVや書籍などマスコミでも多数取り上げていますが、自身の免疫力を向上させるには、自律神経のバランスを整えなければなりません。

 

自律神経の調整には、西洋医学より東洋医学の方が、自然な力や生物としての潜在能力を利用する面から私は非常に有効だと思います。

先日、購入した「免疫力をアップする科学」という本に、ガン予防の食品ピラミッドが掲載されていて、その頂点なる食材が「ニンニク」でした。

 

アメリカの国立ガン研究所の発表だそうで、ニンニクにはガンへの血管を阻止する機能やガンを自殺(アポトーシス)させたり、ガンを退治する免疫力を高める効果があると述べています。

 

1日当たり4グラムのニンニクと週に一度の身体ケアを東洋医学などで行えば、きっと大病とは縁の遠い暮らしになると思います。

 

カテゴリ:

タグ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ガン予防の食品

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.maezawa-chiropractic.com/bcms/mt-tb.cgi/143

< 健康に美しく!!  |  一覧へ戻る  |  みかさ整体院 >

このページのトップへ