症例報告 産後の腰痛

おはようございます!

スタッフの見上です。

今日の症例は産後の腰痛、股関節痛についてです。


 20代女性、出産後の腰痛・両側股関節の痛みを訴えて来院。この女性は出産後6ヶ月経つが、産後から続く立位姿勢の伴う両側股関節の痛みと、時々起こる腰痛がとれないため、カイロプラクティックに来院した。

 

 

 
【来院時の症状】
・立っていると股関節の外側が痛い。
・触診において両側殿部外側、腰部起立筋、股関節周囲に強い緊張。
・腰の可動域は前方向に正常である。
・両側股関節に内旋制限がある。
・骨盤ベルトはもらったが、暑いし動いてしまうため装着していなかった。
 

 

 
【施術後の経過】
1回目:腰部・殿部の筋肉に対して緩和操作。両側の骨盤及び股関節に対して矯正を行い、正しい骨盤ベルトの巻き方とタイミングを指導。
2回目:症状はほとんど気にならなくなっていたが、両側殿部には若干緊張があった。1回目と同様に施術を行なった。
3回目:痛みは消失していた。施術後、再発防止のためのストレッチと、出産後に弱化し易い筋肉を強化するための運動指導を行なった。
 

 

 
【担当 コメント

 

妊娠に伴い、赤ちゃんを産むために骨盤(仙腸関節)が柔らかくなり、出産後の骨盤は開きがちになります。そのため、骨盤の不安定性から股関節にも負担がかかります。これが妊婦さんや出産後のお母さんの腰痛、殿部痛、股関節痛などの原因になります。
骨盤を正しい位置に矯正し、正しく骨盤ベルトで固定することですぐに痛みは改善されます。また、当院ではストレッチや運動指導も行なっております。同じような悩みをお持ちの方は是非ご来院下さい。

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 症例報告 産後の腰痛

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.maezawa-chiropractic.com/bcms/mt-tb.cgi/171

< インフルエンザ対策しましょう!!  |  一覧へ戻る  |  スタッフ募集します! >

このページのトップへ