HOME > 横須賀三笠通りの整体院、みかさ整体院 > 症例 > 症例報告 腰痛 ぎっくり腰

症例報告 腰痛 ぎっくり腰

 おはようございます。スタッフの見上です。

今日はぎっくり腰の症例報告になります!!

30代男性、普段は営業の仕事をしているが、その日に限って車からたくさんの荷物を移動する作業を行なった。作業終了後から腰に張るような痛みを感じ、どの方向に動かしても痛くなった。インターネットで検索し、カイロプラクティックに来院した。

 

 

 

 

【来院時の症状】
・過去にぎっくり腰を経験、腰椎椎間板ヘルニアの既往がある。
・腰部前屈30度、後屈10度、右側屈30度で痛みが誘発される。
・触診において腰部前面の筋肉(腸腰筋)に過緊張と圧痛がある。
・起床時の痛みがあり、座った姿勢から立ち上がるのも痛い。
 

 

 

 

【施術後の経過】
1回目:施術後、前屈時の痛みが軽減し可動域が増加。
2回目:前屈したときの痛みは消失したが、後屈したときの痛みと、起床時の痛み、立ち上がり時の痛みは残った。
3回目:動作時の痛みはほぼ消失したが、やはり起床時の痛み、立ち上がり時の痛みは残った。
4回目:痛みは完全に消失し可動域も正常になった。
 

 

 

 

【担当 コメント】
今回のぎっくり腰の直接的な原因は、急な力仕事によって腰部を支える筋肉が過緊張を起こした事であると考えられます。そしてこの方の場合、腰椎椎間板ヘルニアの既往もあるため、起床時の痛みという特徴的な症状も持っていました。そのため、筋肉および椎間板の2パターンのアプローチをする必要があり、各々へのアプローチするタイミングなど少々苦労しました。結果的に改善する事が出来てよかったです。
今後は、再発防止と体質的に持っている椎間板ヘルニアの症状を防ぐためのメンテナンスを定期的に行なっていくことをおすすめします。

 

 

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 症例報告 腰痛 ぎっくり腰

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.maezawa-chiropractic.com/bcms/mt-tb.cgi/187

< 祝3周年!!ありがとうキャンペーン!!  |  一覧へ戻る  |  開店時間変更のお知らせ >

このページのトップへ